ヴィンテージグラスについて


ヴィンテージジュエリーでも最も良く使われているマテリアルであるグラス。

何年も前に作られたヴィンテージグラスには、新品にはない独特の雰囲気があります。

グラスのマテリアルはもちろん、配合やテクニックも現在のものとは違い、それゆえに色合いや風合いもヴィンテージにしかないものです。


19世紀にチェコで作られていたグラスのひとつ、サフィレットグラスは宝石のように扱われてる、とてもコレクラブルなグラス。

製法やマテリアルが伝わっておらず、同じ物を作り出すのは不可能なため、希少なグラスとして非常に高価に取り扱われています。

ピンクブラウンのグラスの内側からブルーの発光をするサフィレットグラスは、アンティークやヴィンテージでしか手に入らない、幻のグラスです。


その他にも、19世紀から20世紀半ばにかけてチェコやオーストリアではグラス製造が盛んで、ヨーロッパを中心に世界中へ輸出されていました。多くのヴィンテージジュエリーはチェコグラスやオーストリアクリスタルで作られています。

スワロフスキーを代表するオーストリアクリスタルは、そのクオリティの良さから、多くのデザイナージュエリーなどにも使われました。



当店では、ヴィンテージならではの美しいグラスを使ったジュエリーを多くご紹介しています。




 お店のHPはこちらからどうそ!    

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Antique & Vintage Jewellery CHIROL VINTAGE

ヨーロッパから買い付けたヴィンテージジュエリーと雑貨とオリジナルアクセサリーを扱うオンラインショップ