イヤリングクリップうんちく その弐




年をまたいでしまいましたが、イヤリングうんちく第2弾。

第1弾では、イヤリングクリップのデザインの魅力について語らせていただきましたが、今回はイヤリングの付け心地について。

イヤリングのデメリットというと、多くの方がイメージするのが

・耳が痛くなる
・落としてしまう


この2点ではないでしょうか。


実は、ヴィンテージイヤリングは、クリップの付け心地がソフトなんです!

もちろん中には耳に負担のある硬いものもありますが、現行品に比べると質は全然違います。
昔はピアスよりもイヤリングのほうがメジャーだったため、付け心地も重視されていたのでしょうね。
80年代以降のものよりも古い時代のほうが、よりソフトなものが多い気がします。


お客様にそのお話をすると、皆さんまさかの付け心地に(笑)感動されます☆
今ではピアス派のお客さまもイヤリングを身につけるように。
チロヴィンスタッフも例にもれず。
ピアスの方はどちらも使用出来るのでいいですよね。オシャレの幅が広がります。


また、「落としてしまう」という不安のあるかたには、クリップイヤリングがオススメです。
スクリュータイプのものは、使用している間にねじが緩んで落ちてしまったりすることが稀にありますよね。
クリップだとその心配はありません。
そしてクリップの「痛い」という悩みは先程お話した通り、ヴィンテージだと安心^^


当店では、商品ページにてイヤリングの付け心地のよいものにはコメントを記載していますので、購入の際に是非参考にしてみてください。

ちなみにわたしは、「オシャレには我慢が必要」精神で、好きなデザインのイヤリングは耳が痛くなろうが頑張って付けちゃいます。
けれどデイリー使いは、やはり柔らかいクリップにつきます♪


イヤリング熱は止まらず・・・。
イヤリングうんちく第3弾も予定しています。






     お店のHPはこちらからどうそ!
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

     







 

Antique & Vintage Jewellery CHIROL VINTAGE

ヨーロッパから買い付けたヴィンテージジュエリーと雑貨とオリジナルアクセサリーを扱うオンラインショップ