アイリスグラスについて



ヴィンテージジュエリーファンにはコレクターも多いアイリスグラス。

クリアストーンの中にレッド、ブルー、グリーンのカラーを織り交ぜて作られることが多く、その色合いからレインボーグラスとも呼ばれます。


元々ラインストーンとは、ライン川付近で採られる天然のクウォーツクリスタルから作らることによって名付けられたもの。

そのクリスタル内部の小さなひび割れによる光の反射から、うっすらとレインボーカラーに輝くものを特に、レインボークウォーツと呼んでいました。


20世紀初頭、グラス製造が盛んであったチェコ、ボヘミア地方。

より輝きの優れたグラスを求めてこのレインボークウォーツを真似て作られたのが、アイリスグラスの始まりです。

その後、アールデコ期には多くのコスチュームジュエリーに使われるようになりました。


クリスタルグラスの内側からにじみ出る美しい色合いには、全く同じものは存在しないと言われています。

また、古いアイリスグラスほど、レインボーの色がぼんやりと薄く、境目のぼやけているものが多いです。


今でも色あせないヴィンテージの輝きを、トレンドにプラスして、おしゃれに楽しんでほしいです♪



お店のHPはこちらからどうそ!    

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Antique & Vintage Jewellery CHIROL VINTAGE

ヨーロッパから買い付けたヴィンテージジュエリーと雑貨とオリジナルアクセサリーを扱うオンラインショップ