買い付けのこだわり




ロンドンより。今日のお天気も気持ちがいいです。
今年はちゃんと夏がやって来たので、毎年秋を通り越してやって来る長~い冬もちょっぴり楽しみだったりしています。


今日はわたしが買い付けの際に気をつけていることをお話してみます。

ヴィンテージジュエリーといっても、ジェムストーンを使った宝石のようなハイジュエリーからレトロな80年代のコスチュームジュエリーまで、様々なものが出回っています。


CHIROL VINTAGEでは基本、コスチュームジュエリーと呼ばれる、ハイジュエリーよりもリーズナブルな部類のジュリーを多く扱っています。

わたし個人のテイストとして、やっぱり古いものが好きなため、アールデコ期のヴィンテージグラスを使ったジュエリーや、50年代頃のコスチュームジュエリーが多くなっています。


そしてどんなアイテムにしろ、いつもひとつひとつのジュエリーのクオリティーをチェックして買い付けています。

例えば、特に50年代以降のジュエリーに多くみられる接着剤のみでのストーンセッティングのものよりも、爪のあるクロウセッティングやビーズセッティングで、ストーンが落ちないようにセッティングされているもの。

ベースメタルの質感やメッキの雰囲気。

イヤリングのクリップの状態や、クラスプの種類、ネックレスなどはチェーンがオリジナルなものであるか、など細かくチェックしています。

クオリティの良いものほど細部の作りが丁寧で、やはり年代の古いものほど、手仕事で丁寧に作られているものが多いです。


もちろん、経年による味があるからこそ魅力的なジュエリーもありますし、クオリティがいまいちでもデザインが優れたものなどもあるので一概には言えませんが、お客様に安心してご購入いただけるクオリティのジュエリーを揃えるよう努めています。

ジュエリーの買い付けは目も神経もよく使うので、意外と大変なのです~。



今週もNEW商品のアップを予定しています。

そしてわたしは今週末も買い付けに出向いてきます♪






     お店のHPはこちらからどうそ!
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

     

Antique & Vintage Jewellery CHIROL VINTAGE

ヨーロッパから買い付けたヴィンテージジュエリーと雑貨とオリジナルアクセサリーを扱うオンラインショップ