Something Blue


今回はイギリスのブライダルトラディッションについて少し。


結婚式というと、日本でも色々と古くからの習わしがありますが、イギリスにも

同じく様々な風習があります。


Something old, something new, something borrowed, something blue, 

a sixpence in her shoe.


何か古いものをひとつ、何か新しいものをひとつ、何かお借りしたものをひとつ、

何か青いものをひとつ、そしてシューズの中には6ペンスを。


これは1890年頃からイギリスで伝えられるようになった習わしのひとつ。

結婚式の時に花嫁さんが持つと良いと言われているラッキーチャームのようなもので、

それぞれに意味が込められています。


古いものは継続

新しいものは未来への希望

お借りしたものは受け継がれた幸せ

そして青いものは純粋さ、愛、忠誠

6ペンスは豊かさと繁栄


のシンボルとされています。


それぞれの Something に何を用意するのか、花嫁さんが頭を悩ますのも

幸せなひと時なのではないでしょうか。


今回のブライダル入荷は、この Something blue をイメージして、ブローチを2点ピック

しています。


小さなハンドバックに飾ったり、ブライダル小物に添えたりして、イギリスの伝統を

少し拝借してみるのもいいかもしれません。

心に残る思い出のひとつとなるのではないでしょうか。



ブライダル / パーテイー ジュエリー&アクセサリー




ONLINE SHOP はこちらからどうそ!

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Antique & Vintage Jewellery CHIROL VINTAGE

ヨーロッパから買い付けたヴィンテージジュエリーと雑貨とオリジナルアクセサリーを扱うオンラインショップ