アンティーク カットスチールジュエリー



アンティークジュエリーでは度々目にする、カットスチールのジュエリー。


カットスチールは1700年代のジョージアンから1800年代のヴィクトリアンにかけて、

最も人気が高く、多くのジュエリーにも用いられました。


そもそもは、ダイヤモンドの代替品として、その輝きを模して作られたカットスチール。

今回紹介しているものはビースですが、多くのジュエリーにはスタッドシェイプの

カットスチールが、ベースメタルに埋め込まれて使用されています。


ジョージアンのカットスチールは、すべて職人のハンドワークよって作られていたため、

そのクオリティは、ヴィクトリアン後期以降の機械化が進んだもの比べると、はるかに

クオリティ高く美しいもの。

立派なハイジュエリーとして、扱われています。


様々な合金からなる小さなメタルピースは、ひとつひとつ職人の手によってファセットが

カットされ、特有のラスターを作り出すためにポリッシュされた、気の遠くなるような

クラフトマンシップにより作られています。


ヴィクトリアン後期になると、スチールピースが並べられたストリップが、マシーンで

型押しされることによってカットスチールを製作する技術が発達し、初期のようなワークは

失われていきました。


いずれにせよ、カットスチールのファセットからキラキラと煌めく輝きは、ダイアモンド

とはまた違う、個性的で独特な魅力にあふれています。


メタルという素材から、湿気に弱く、コンディションの良いものがあまり残っていない

のも現実。

この先もずっと残していきたい、ヴィクトリアンらしい力強さとエレガンスにあふれた、

美しいジュエリーです。



  → ヴィクトリアン カットスチールタッセルピアス




ONLINE SHOP はこちらからどうそ!

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Antique & Vintage Jewellery CHIROL VINTAGE

ヨーロッパから買い付けたヴィンテージジュエリーと雑貨とオリジナルアクセサリーを扱うオンラインショップ