アンティークジュエリー ゴールドとホールマーク



CHIROL VINTAGE で扱うことの多い、イギリスジュエリーで用いられている

ゴールドは、主に


9金(9K) 15金(15K) 18金(18K)


これは、24金がゴールドの純度100%であるのを基準に、ゴールドの含有率を表す純度です。


日本でゴールドを表す時に用いられる とは、アメリカでゴールドのカラットを示す際の

 Karat の頭文字で、イギリスでは Carat の省略文字から CT(9ct)で表されます。


9金(9K)/ 375

37.5%のゴールドに、その他62.5%はシルバーやコッパーが含まれています。

その他の含有メタルによって、ゴールドの色味や柔らかさが変わります。

イギリスのジュエリーによく用いられるグレードで、硬さがあり、落ち着きのある色味。

1854年より使用が認められたゴールドです。


15金(15K)

62.5%のゴールドに、その他37.5%はシルバーやコッパーが含まれています。

15金は、イギリスで用いられていたゴールドのグレードで、1854年から1932年までの

わずかな期間のみ生産されていました。

アンティークジュエリーでなければ出会わない15金は、希少価値のあるゴールドです。


18金(18K)/ 750

75%のゴールドに、その他25%はシルバーやコッパーが含まれています。

ゴールドの純度が高いため柔らかく、細かい細工に適しています。

長い歴史の中で使われてきたグレードのゴールド。

ゴールドの色味が強く、リッチな印象です。



その他、国によって使われているゴールドのグレードが違います。

アメリカでは、10金(10K)と14金(14K)が頻繁に用いられ、フランスでは通常18金以上の

グレードが使われています。




ホールマーク


多くのアンティークジュエリーに用いられているホールマーク。

それぞれの国によって、ホールマークのシステムが違いますが、イギリスのホールマークを

例に紹介します。


イギリスでホールマークが登場したのは13世紀頃。

それから何度も規定を改良しながら、現在もなお用いられています。

通常、


・  金属の種類を示すマーク

・  金属の純度を表すナンバー

・  金属の査定を受けた場所である、アッセイオフィス(シティ)マーク

・ メーカー(ジュエラー)のマーク

・ 製造された年を表すアルファベットのデートレター


これらのマークが揃って初めてホールマークと呼ぶことができ、ゴールドのカラットが

押されただけのものなどは、ホールマークとは呼べません。


しかしこれらのホールマークが厳しく義務付けられたのは、規定が改良された1973年以降。

現在のホールマークシステムのベースにもなっている1973年の規定と、それ以前のものでは

大きく違いがあります。

ジュエリーにホールマークが見られない場合の理由には、


・ ホールマークが義務付けられている金属重量以下のジュエリー

・ ジュエリーのデリケートなデザインにより、ホールマークを入れるのが不可能な場合

・ リペアやサイズ直しなどによって、ホールマークが消えてしまっている場合

・ ウェディングリングやモーニングリング


特に、多くのリングがウェディングリングという扱いの元、ホールマークを免除されて

いました。

このため、1900〜1930年代頃までのリングの多くは、9ctや18ct、またプラチナを表す

Plat など、金属の純度とメーカーマークのみ見られるものが多くあります。


時間をかけて丹念なハンドワークで作ったジュエリーに、ホールマークを刻まなくて

良いのであれば、ジュエラーたちはできるだけ傷を入れることを避けたのです。


そもそもは、消費者を守り、正式なトレードを確保する目的で作られたホールマーク

ですが、現在では、アンティークジュエリーの年代を判別し理解を深めるために、大きな

役割を占めています。


必ずしも、ホールマークが入っているジュエリーだけが価値がある訳ではありませんが、

ジュエリーのアイデンティティとも言えるホールマークが入っているジュエリーは、その

付加価値を増して、さらに受け継がれていくことだと思います。





ONLINE SHOP はこちらからどうそ!

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Antique & Vintage Jewellery CHIROL VINTAGE

ヨーロッパから買い付けたヴィンテージジュエリーと雑貨とオリジナルアクセサリーを扱うオンラインショップ