アンティーク ペーストジュエリー



アンティークジュエリーがお好きな方であれば、ペーストという言葉と聞いたことが

あるのではないでしょうか。


ペーストとは、1730年にフランスの Georges Frederick Strass によって製作された、鉛を

多く含むグラス。

そして、ペーストジュエリーについて書かれた文献には、ジェムストーンのようにカットが

施されたグラスとあり、厳密には、1700年代から1850年代くらいまでに作られたものを

指しています。


ペーストのバックにはフォイルが当てることにより、グラスの発光をさらに引き出し、シルバー

などのベースメタルに、わずかな隙間なく埋め込まれるようにセットされています。


そもそもは、高価なダイアモンドの代替品をして作られたペーストですが、ペースト

ジュエリーの製作には高度なスキルを要し、その美しさからも、立派なジュエリーとして

王室などからも高く需要がありました。


硬度の高いダイアモンドと違い、柔らかく扱いやすいペーストは、多面にファセットが

施された上、ジュエリーのデザインに合わせてベースメタルにフィットするよう、職人の手

で様々なシェイプに削り作られています。

爪でセットされたジェムストーンやグラスとは違い、この作業には、ジェムストーンの

セッティング以上に高度なスキルが必要であったと言われています。


1850年代以前のオーセンティックなペーストは、ハイジュエリーと並んで、とても高価に

扱われているジュエリー。

この時代のペーストは、産業革命の進んだそれ以降のものとは、明らかにクオリティが違い、

まさにハイジュエリーと呼ぶにふさわしいものです。



現代では、広い定義で安易に使われるようになってしまったペーストという言葉。

バイイングをしていると、ジュエリーディーラーの多くが、20世紀以降のグラスを使った

ジュエリーでさえもペーストと呼んでいます。



CHIROL VINTAGEでは、1900年以降のグラスジュエリーと区別するためにも、1900年以前

のヴィクトリアンのペーストに関しては、グラスの質感やカット、セッティングがペースト

と呼ぶに相応しいもののみを、ペーストと記載しています。

1850年代以前のオーセンティックなペーストに関しては、そのディテールを詳細にお伝え

しています。


私もペーストジュエリーの魅力に惹かれた、コレクターのひとりです。

これから、美しいオーセンティックなペーストジュエリーを紹介していきたいと思っています。


Kuni





ONLINE SHOP はこちらからどうそ!

          ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Antique & Vintage Jewellery CHIROL VINTAGE

ヨーロッパから買い付けたヴィンテージジュエリーと雑貨とオリジナルアクセサリーを扱うオンラインショップ