ジョージアン ブラックドットペーストジュエリー


アンティークでは、ハイジュエリーのひとつとしても扱われる、ジョージアン(1714〜1837)

のペーストジュエリー。


ペーストについては、以前にブログでご紹介したことがあり、アンティークジュエリー

がお好きな方にはぜひ読んでいただきたい記事です。


ペーストジュエリーについてのブログはこちら


単なるダイアモンドの代替品ではなく、価値高く、王室からも需要のあったペーストジュエリー。

ペーストジュエリーの製作にはとてもスキルを要し、ダイアモンドでは成し得ないジュエリー

デザインをも達成しました。


グラスを使ったジョージアンのジュエリーのほとんどは、ペーストと呼んでいいものだと

思いますが、その中でも1700年代から1850年代頃に作られたブラックドットペーストは

限られた時代にのみ製作された、コレクタブルなマテリアル。


ブラックドットの説明をするには、まずダイアモンドのカットについて少し説明が必要です。


この時代のダイアモンドのカットというのは、機械で行われる現代のダイアモンドのカット

とはまったく異なるものでした。

ほとんどすべての工程を手作業でこなし、カットにもひとつとして同じものはありません。


アンティークのダイアモンドカットの一番の特徴が、ストーンのボトム先端部分にある

キュレットと呼ばれる部分。

ストーンの欠けを防ぐために、この部分が平面にカットされていて、そのためトップの

テーブルからまっすぐ下を覗くと、小さな黒い斑点(ブラックドット)がひとつ見える

のです。


これを模して作られたのが、ブラックドットペースト。

製作された時代を判別するヒントにもなるマテリアルで、そのキャラクターからも

コレクタブルに扱われています。


多くの男性もジュエリーを身につけていたアンティークな時代。

当時ジュエリーのひとつとして扱われていた、シューズバックルやベルトバックル、

ボタンなどに、ブラックドットペーストが多く使われています。


それらの多くは、ヴィクトリアンの時代にブローチやイヤリングなどに変換されていて、

現在ではハイジュエリーと並んでとても価値高く扱われているジュエリー。


ペーストが使われた需要のなくなったバックルやボタンなども、ただならぬスキルと

時間を注いで作られた価値あるジュエリーであったのは、ヴィクトリアンの時代にも同じ

であったことが伺えます。


ここまでの間、形を変えてでも受け継がれてきたペーストジュエリー。

アンティークの魅力が詰まったジュエリーです。



Kuni




ONLINE SHOP はこちらからどうそ!

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Antique & Vintage Jewellery CHIROL VINTAGE

ヨーロッパから買い付けたヴィンテージジュエリーと雑貨とオリジナルアクセサリーを扱うオンラインショップ