シルバーホールマーク


以前ブログで ゴールドのホールマークについて少しお話しましたが、今回はCHIROL VINTAGEでも多く扱っているシルバーのホールマークについて。

ホールマークは生産された国、年代によって種類も様々。

一般的に出回っている925シルバーとは、メタルに92.5%のシルバーが含まれていることを意味します。
その他、ヴィンテージでもよく見られるヨーロッパの800シルバーなどは、シルバーの含有率が80%であるということ。

良く聞くスターリングシルバーとは、イギリスのシルバー規定で最低92.5%のシルバー含有率を満たしていることが基準です。


そしてよく間違われやすいのが、ホールマーク。
925などのシルバーのマークが入っているだけではホールマークとは呼べません。

シルバーオフィシャルマーク、シティマーク、年代アルファベット、そして時にジュエラーマーク、これらのスタンプが揃って初めてホールマークと呼ぶことが出来ます。

ホールマークのあるシルバーはオフィシャルなトレーディングを通って出回ったシルバーで、クオリティーも高くより信頼のあるシルバーとして扱われます。



モダンなシルバーは925シルバーとして出回っているものがほとんどですが、特にイギリスの古いシルバーはSTERLINGやSILVERとサインされているものが多いです。
こういったマークも時に年代を見極めたりするポイントとなります。

チャームなどの小さなシルバーや、ジュエリーのデザイン上シルバーマークすらないものもありますが、ホールマークはブランドネームのように、シルバーの価値を裏付けてくれる大事なスタンプ。

アンティークやヴィンテージを扱う上ではとっても重要な要素です。


→シルバーアイテム←





お店のHPはこちらからどうそ!
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Antique & Vintage Jewellery CHIROL VINTAGE

ヨーロッパから買い付けたヴィンテージジュエリーと雑貨とオリジナルアクセサリーを扱うオンラインショップ