モーニングジュエリー




ヴィクトリアンを象徴するジュエリーでもある、モーニングジュエリーについて。



モーニングジュエリーとは、喪に服する際に身につけるジュエリー。

黒をベースにしたジュエリーがほとんどですが、亡くなったへ方の想いを込めた

ジュエリーもモーニングジュエリーのひとつ。


1861年にイギリスのヴィクトリア女王の夫、アルバート公が亡くなった際に、悲しみに

撃ちひがれたヴィクトリア女王は、数年に渡ってモーニングジュエリーのみを身に着ける

ことを義務付けました。

よって、ヴィクトリアン中期から後期にかけて、パブリックの間でもモーニングジュエリー

が大流行したのです。


中でも、ウィットビージェットは、ヴィクトリア女王自らが身に付けた、モーニングジュエリー

の代表であるジェムストーン。


ジェットとは天然の流木が真っ黒に化石化したものであり、磨き込むことによって引き出される

独特の光沢とテクスチャーを持っています。

ジェットジュエリーは、今でも価値ある宝石として、アンティークジュエリーの中でもとても

高価に扱われています。



しかしジェットは希少で手に入りにくいことから、そのイミテーションとして流行した

のがフレンチジェットです。


フレンチジェットとは天然ジェットに見立てて作られた、ブラックカラーのグラスのこと。
このフレンチジェットを使って作られた美しいモーニングジュエリーも多く出回って

いますが、今ではブラックグラス全般が、モーニングジュエリーとは関係なく、

フレンチジェットと呼ばれるようになっています。



そしてもロケットもモーニングジュエリーのひとつ。


ヴィクトリアンのモーニングロケットの中には、よく細かく絨毯のように編み込まれたヘアーが、

美しく納められています。


似たようなもので、指輪のトップに髪の毛が納められていたり、髪の毛で指輪のリング自体が

編まれていたりするものも見かけます。



人によっては少し抵抗のあるものかもしれませんが、これも長い間の歴史の鱗片。


人の手に渡って大切にされてきたアンティークの魅力を感じていただけたらと思います。






お店のHPはこちらからどうそ!
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Antique & Vintage Jewellery CHIROL VINTAGE

ヨーロッパから買い付けたヴィンテージジュエリーと雑貨とオリジナルアクセサリーを扱うオンラインショップ